土用の丑の日

今年の土用の丑の日は7月30日。
土用の丑の日って??と、ちょっと調べてみました。

江戸時代、商売がうまく行かない鰻屋が平賀源内の所に相談に行った。
源内は、「丑の日に『う』の字が附く物を食べると夏負けしない」という民間伝承から
ヒントを得て、「本日丑の日」と書いて店先に貼ることを勧めた。
すると、物知りとして有名な源内の言うことならということで、その鰻屋は大変繁盛した。
その後、他の鰻屋もそれを真似るようになり、土用の丑の日に鰻を食べる風習が定着した。

この他に、土用に大量の蒲焼の注文を受けた鰻屋が、子の日、丑の日、寅の日の
3日間で作って土甕に入れて保存しておいたところ、丑の日に作った物だけが
悪くなっていなかったからという説もある。

ちなみに、土用の丑の日に食べるものは鰻でなく「う」の付くものでいいのだから、
うどんでもうさぎでも、うぐいすパンでもいいのである。
主に鰻を食べるのが主流なのは先ほどにも記述したように、ほとんど習慣に近いもの
になっているからである


今夜我が家では、職場の後輩mameさんを通して注文した鰻を土用の丑の日を前に
一足早く食べる予定です。
夏バテ解消に一役かってくれるでしょうか♪♪
b0109220_21552073.jpg

[PR]

by akari4675 | 2007-07-29 14:46 | お気に入り