玉手箱

b0109220_19385330.jpg

昨日読み終わったこの本。
岡山県出身の作家 小手鞠るい さん(今はNY在住)の作品。

不妊で悩む女性。
不妊で悩んで代理出産を選んだ女性。
性に奔放な女性。

産科に勤めていてもよくわからない不妊事情。
幸せな出産の裏に広がる世界。

幸せな出産の裏には想像できない深い苦しみを背負っている人がいるということを
改めて実感できた。

女性として母親として、ナースとして読んでちょっと考えさせられる一冊でした。
[PR]

by akari4675 | 2007-09-19 19:50 |