カテゴリ:闘病記( 11 )

病院へ行こう♪

医者の不養生という言葉がありますが、医療業界に入って19年になるワタシ。
たしかにそのとおりなんです!!

 医者の不養生(いしゃのふようじょう)
  【意味】
   患者に養生を勧める医者が、自分自身は健康に注意しないこと。
   転じて、正しいとわかっていながら、実行が伴わないこと。


忙しいのもあるし、めんどくさいのも・・(汗)
だって、待ち時間がハンパないですもんね。

せっかくのお休みを病院受診で無駄にするの・・・なんだか惜しい。
それでなかなか病院に行かないのですよ~。
 (仕事で毎日行っているのにさ)


今回重い腰を上げ、行った理由は2月はじめに受けた検診の結果で判定Dが出たから。

便鮮血(+)、あとは慢性貧血。

貧血は今回Hb:9.7
だいたい9前後を行ったりきたりしています。 
普通、正常が14~15位なのでかなり低めです。


ワタシの持病、ベーチェット病は原因不明の難病。
主な症状は皮膚の潰瘍(口内炎、結節性紅班、陰部潰瘍)ですが、
その他眼と腸に病変が発生することがあります。

腸は回盲部に潰瘍が出来るらしいのです。

慢性貧血の原因はもしかして・・・腸からの出血???
便鮮血(+)だし。。。
ということで、主治医のリウマチ科ドクターに予約しました。

9時予約だったのですが、病院に到着したのは9時10分。
すぐ呼ばれ、診察室へ。

Dr 「最近の調子はどう?」
ワタシ 「年末から右足に結節性紅班出来てるけど・・・他は大丈夫」
Dr 「口内炎もない?熱は?」
ワタシ 「口内炎も出来ないし、風邪以外であやしい熱は最近は出てない」
Dr 「検診の結果ね・・・ありゃりゃ、出血してるね~。下痢とか右下腹痛ない?」
ワタシ 「えーーーっと、たぶんないと思う」
Dr 「詳しく注腸で調べてみようか」
ワタシ 「先生、カメラ(CF)は??注腸は随分前にしたんですけど・・・」
Dr 「CFの方がしんどいよ。注腸でわかるからもう1回したらいいよ」
ワタシ 「じゃ・・・します」
Dr 「貧血は鉄欠乏だと思うけど、一応もう1回検査しようね。腫瘍マーカーも調べとこう」

来週注腸の予約をし、検査前日の食事や下剤の説明を受け
その後採血!

結局、病院を出たのは9時40分。
30分で受診終了ってすごくないですか??


今日は気になっていた受診ができてよかったよかった。

あとは無事に検査を終わらせて、何もないことを祈るだけですね034.gif034.gif




にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 岡山情報へ←今日のランキング結果は??
[PR]

by akari4675 | 2011-03-01 22:07 | 闘病記

感謝

本日無事に法要が終了しました。
忙しい中、来て下さった方には感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございました。


人に支えられてみんな生きているんだな・・・と
あらためて実感しました。


ワタシも誰かの支えになろう。

ワタシが幼少の頃から父に言われていたこと

 ”人のために生きなさい”

自分が楽しく生きていくには
周囲の人たちのやさしさに支えられることが必要。
そのためにはワタシもやさしいキモチでいよう。


今回のことで本当に思いました。


感謝の気持ちを忘れないということ。
簡単でいてなかなか言えない 「ありがとう」

言って損はない言葉。
言った途端、相手も自分も気持ちよくなる言葉。


遠いところから駆けつけてくれたおじさま、おばさまありがとう。
何もわからない私たちに指南してくれたおばさま、ありがとう。
父の付き添いをするために配慮してくれた職場の皆様、明日華クラブの皆様ありがとう。
一緒に泣いてくれた皆様、ありがとう。


そして
お父さんの闘病を支えてくれたお母さん、ありがとう。
こんなワタシを支えてくれた旦那さん、ありがとう。


温かいコメントを下さった
やっちゃん、mikiちゃん、enuenuさん、男子学生さん、aquaさん、ぷくちゃん、yukkoさん
しょこらさん、ヒバナさん、わだとも母さん、たいやきさん、mihitsuさん、hanaさん、ひびきさん
midukiさん、coyuさん、namiさん、yokoyamaさん、kasaiさん、30-30パパさん
Kenmamaさん、mameさん、nakatakeさん

そして携帯に直接メールをくれた方
みんなありがとう!!!





にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 岡山情報へ←今日のランキング結果は??
[PR]

by akari4675 | 2010-11-25 23:09 | 闘病記

近況

おはようございます。
皆様、ご心配おかけしています。
たくさんのコメント、直メール、お言葉・・・ありがとうございます040.gif
もう少し落ち着いて改めておひとりおひとりにお返事しようと思います。


父はあれから少しずつ下降しながら横ばい状態が続いています。
主治医もびっくりです。
意識レベルは低下していますが、声をかけた時には
ひと言ほど言葉を発することも出来ます(聞き取りは難しいですが)

ある日は訪室した看護師さんが「○○さん、ワタシわかる??」と言った言葉に
頷きながら 「びじんのかおはわすれない」

食べる暇もない付き添っているおばちゃん、お母さんにお弁当を作って持って行った時
おばちゃん「さっちゃんが料理作ってきてくれたよ、うまかよ~」
父「やればできる」

などなど・・・
全身の力を使って言葉を発し、ジョークも忘れない父はすごい!



昼間はおばちゃん、お母さん、妹、ワタシ、
そして学校が終わった子供たち、仕事を早く終わらせてくれる旦那さんに囲まれる父。

夜はみんなで交代で泊り込みしています。

ワタシは夜勤で少々寝なくても平気ですが
お母さんやおばちゃんは年も年なのでカラダが心配です。


胸に留置していたカテーテルが詰まったため、点滴を腕に刺しかえ。
今までは高カロリーの栄養が入っていましたが
腕からは高カロリーの輸液は出来ないので、最小限のもの(フィジオ500)を少しずつ入れています。

痛み止め(モルヒネ)も点滴で開始し、「イタイ、イタイ」と訴えたら
看護師さんに言ってフラッシュ(早送り)。

痛みを少しでも取りのぞいてあげることを一番に・・・



ワタシも妹も仕事を休ませてもらっています。
そして、明日華クラブのリーダー業も離れています。


職場の皆様、明日華クラブの皆様・・・ご迷惑をおかけします。
きっとこのブログを読んで心配していますよね。
県外県内ドッジボール関係の方も心配して、Y監督に電話やメールが入っていると聞きました。


すべて終わったら、また元気なワタシで仕事にもドッジにも復帰します。
今、看護師として人間として貴重な体験をさせてもらっています。
この体験はワタシの人生、そして看護師人生に何かを与えることでしょう。


追伸

 昨日の朝、泊まりこんでいたワタシが父のひげを剃りながら
 ワタシ 「今日ね、圭ちゃんドッジの大会に行ってるんよ。勝てるかなーー」
 父は頷きながら右手でOK。。。。

 そして・・・岡山県大会で明日華クラブが優勝しました。
 表彰式終了後、すぐさま病室に駆けつけた圭ちゃん自ら父に優勝の報告。
 しっかり目を開けて頷いてくれた父。

 よかった。
 



にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 岡山情報へ←今日のランキング結果は??
[PR]

by akari4675 | 2010-11-22 08:33 | 闘病記

別れへと続く時間

ここ数日は実家と自宅を行き来する日々でした。

16日(火)
 前日の夜よりお泊りしたワタシ。
 午後の会議、夕方のミーティングに出席後、実家に戻り
 夜には自宅へ。
 この日は妹が子供たちを連れて実家にお泊り。
 父の言うことがおかしい。

17日(水)
 日勤。
 旦那さんと妹はお休みで実家へ。
 調子が悪いとの連絡を受け、午後からお休みをもらい実家へ。
 寝たり起きたりの父を見守るワタシたち。
 話もままならない。
 夜はドッジボールに行ったけど、終わってワタシだけ実家に戻りお泊り。
 ワタシ「今日も泊まるけん」
 父「あ、り、が、と、う。さ、ち、こ、は、や、さ、し、い、」

18日(木)
 朝目覚めて、父の寝る部屋へ。
 視線が定まらず、ボーっと座っている父の横でしばらく過ごす。
 こんなに父のそばにいることなんて今までなかった。

 圭ちゃんのお弁当を作って、小学校へ。
 ついでに自宅に帰って、お布団を干して洗濯をまわす。
 1時間ほどで実家に帰ったら・・・訪問看護の方が来られていて
 「血圧が60(上が) SpO2:72% なので病院に行った方がいいです」と。
 車で行くという父でしたが、もう歩けなくなっているので
 思い切って救急車を呼びました。
 急な階段を担架が下りるのは難しかったので、妹の学習机の椅子に座った父を
 2人の隊員がかついで救急車まで。
 救急車のサイレンにご近所さんがたくさん集まって 
 「さっちゃん、がんばってね!」と。
 救急車のうしろをワタシと妹が追いかけます。

 病院到着。
 父は外来で主治医の診察後、ICUへ。
 酸素マスクを付け、IVHから高カロリー輸液を。
 意識レベルもかなり低下し、声をかけないと覚醒しない状態。
 腹水はもちろん、肺にも水が溜まってきて肺水腫状態。
 
 ちょうど今日は鹿児島のおばちゃん(父の姉)と
 大阪のおばちゃん(父の兄の奥さん)が来る予定の日。
 連絡をしたら、慌てた様子で病院に直接来てくれました。

 実家に忘れ物を取りに旦那さんと帰り病院に戻った途端、
 妹 「子供たちは?お父さん、もうダメかもって先生が・・」

 学校に電話し部活をしていたakari姫と甥っ子を帰らせ、旦那さんに迎えに行ってもらい
 孫4人は病床の父の元へ。

 なんとか気力だけで生き延びているとしか思えない父。
 急に起きると言い出し、立ってみたり・・・
 そんな父にICUの看護師さん、優しく諭すように声かけ。

 座って夕食をゆっくりゆっくり自らの手で食べる父。
 食べ終わって座っている状態の内にと、順番に孫たちと握手。

 みんな泣きながらじいちゃんの手を握ります。

 ワタシと旦那さんが土日と仕事をしているため、小さい時は実家にお泊りが定番でした。
 休みのたびに、あらゆる公園などに連れ出してくれました。
 おちばけのじいちゃん、機嫌が悪いじいちゃん、やさしいじいちゃん・・・
 きっと子供たちの中にはいろんなじいちゃんの思い出があるんだろうな。

 ICUには家族は泊まれないとのことで、個室を準備してもらい
 おばちゃんと母が待機。
 ワタシたちは自宅待機です。

 とりあえず小康状態。
 主治医に「あと数時間・・・」と宣告されながらも生きようとする父。
 
 

 父は十分ガンと全力で闘い、頑張り、そして今も頑張っています。
 病院では几帳面な患者さん、頑張りやの患者さんで有名。
 今日もたくさんの看護師さんから声をかけられました。
 そんな父を誇りに思っています。
  
 
 今もTELが鳴らないように・・・と思いつつ、今の思いを書きとめておこうと
 ブログに綴っています。

 重たい内容、最後まで読んでくださりありがとうございました。
 
 また何かあればご報告いたします。

 
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 岡山情報へ←今日のランキング結果は??
[PR]

by akari4675 | 2010-11-19 00:33 | 闘病記

訪問看護

こんにちは。

昨夜は実家の父が調子悪くなり
急遽、家族で実家まで行きました。

入院するとかしないとかバタバタしましたが、結局家で様子見。

ボーっとしている父が心配なので
一旦帰ってお風呂に入りワタシだけ泊まりに行きました。



と言っても何をするわけではありません。
ただ、プチパニックな母にはワタシが傍にいるだけで安心の様子。



午前中に担当看護師さんが訪問に来てくださいました。


足浴、清拭をしてもらい食事も食べれない為、点滴を。

高カロリーのビーフリード500mlを1時間半で落とします。
b0109220_12143149.jpg


娘さんが看護師なら…
とのことで、点滴終了後の針を抜くのはワタシの役目。


点滴中も無意識に腕を動かしてしまうので傍にいなくてはいけません。



今日は急遽お休みをいただきましたが、
午後には大事な会議が2件あるので行かなくては。


それにしても
同じ看護師でも畑が違うとやることが全然違います。

今日は訪問看護を尊敬の眼差しで見てしまいました。
細かな事への気配りって必要ですね。あらためて感じました。



では(^-^)ノ~~
[PR]

by akari4675 | 2010-11-16 12:14 | 闘病記

未知の世界~介護~

実家の父はここ数日で一気に容態が悪くなっています。
畳にお布団で寝ていましたが、さすがに起き上がるのもひと苦労とのことで
昨日、妹と母が介護保険の申請に役場まで行ってきました。

すると
今日には介護ベッドが到着。
病院受診も大変でしょうと車椅子も貸してくれたようです。

鹿児島の叔母は倉敷の対応の早さにびっくり005.gif

ちょうどワタシが実家に到着した頃、
介護保険調査員の方が来られ何十項目にも及ぶ質問。
父の介護等級がどのレベルか、この調査で審査されます。

その後、フランスベッドの方が来られベッドの設置。
ベッドにも3モーターと2モーターがあって
介護等級に応じて、借りられるベッドが決まってくるんだとか。

3モーターは「背中」「足」「高さ」
2モーターは「背中」「高さ」 のみ動くというもの。
とりあえず認定が決定するまでは3モーターを貸してくださいました。


その後ほどなくしてケアマネージャーさんが来訪。
お~~、ケアマネの実物を拝見するの初めてですーーー。
明るく元気なケアマネさんでなんだかたのもしい。


介護保険の仕組みなどをわかりやすく説明くださりました。


あとで聞いたところによると
ワタシが看護の世界の人間だと感じていたようです。
畑が違うのでまったく未知なんですけど==(><)
ワタシは赤ちゃんのオムツ交換ならプロなのですけど・・・
大人はしたこと・・・・ないです(学生実習くらい)



鹿児島の叔母がいるあと数日は母と叔母で介護しますが
叔母が帰ったあとは・・・・母とワタシと妹でしなくてはいけませぬ。


まったく未知の世界である介護。
どうしたもんだか・・・


昨年7月すい臓がん発症し告知。
余命半年と宣言された父は持ち前の明るさと真面目さと頑張りで
今までもこれからも戦っていきます。

もう耳も聞こえにくく
話す言葉も呂律がまわらず
記憶もままならなくなってきました。


でも
在宅での最期を希望した父が
 心地よく 楽しく 明るく 温かい  
時間が過ごせるように☆☆





にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 岡山情報へ←今日のランキング結果は??
[PR]

by akari4675 | 2010-10-29 13:41 | 闘病記

父との記憶

皆様、こんばんは。
しばらくブログ書き込みしていませんでした(汗)

木曜から日勤が続き、加えて上司が不在なため代行業務をしていたら
日々忙しくて。。。昨日は18時半まで感染対策の研修に参加してました。
帰ったら帰ったでやることが何かとあり、
ネタもなく更新せず・・・お越し頂いた方、申し訳ないです。


今回のネタはちょっと重いです。。。

  *****************************************



今日も日勤。
かなり病棟はバタバタしていたんですが、17時半には上がらせてもらいました。
理由は・・・父がまたまた入院したので顔を見に。。。

末期のすい臓がんでちょうど1年前開腹手術を行ったものの、手遅れ状態で
ガンはそのままに閉じた父。
余命半年?とまで言われたのに、もう1年が過ぎました。

最近は痛み止めの服用でコントロール出来ているようですが
代わりに腹水が溜まるペースが早くなりつつあります。

3週間弱のペースで5リットル近く抜いていた腹水。
今週23日に入院して4.7L抜いたのに、再び本日5L抜いたとか・・・。
ちょっと溜まるペース速すぎです。
体液バランスが崩れてしまうので、あまり抜かない方がいいのでしょうが
おなかに5Lもの水が溜まると、かなりしんどいと。

なんちゃって看護師なので、末期がんの患者さんがどんな経過をたどるのか全くわかりません。
父が今後どうなるのか・・・どんな苦しみを味わうのか・・・
まったく想像がつかないのが正直なところ。

父も体力がどんどん低下しているのは自覚しているようです。
階段で下にはおりれても、階段を上がることがしんどくなってきたと・・
筋肉まったくなくなっていますから・・・仕方がありません。

今日病室に到着したのは18時頃。
ちょうど夕食時で父が想像していたより食べることが出来ていたので安心しました。
美味しくないと文句は言っていましたが(笑)


今回、父が言ったことで思わず泣いてしまいました。

「お母さんにも、小さい頃のおまえたちにも優しくしてあげれなかったのを後悔している」


父の右側に座っていましたが
父から見える左目からは涙を出来るだけ流さないようにし、
見えない右目からポタポタと涙を流す努力をしました。

おそらく父にはばれていないと思います(笑)


たしかに父はとても厳しく、真面目で、父の顔色を見ながら育ったところはあります。
反抗したこともありますが、今ではそんな父に育てられたことを誇りに思っています。



病院を出て、車を運転しながら父と実家で過ごした23歳までの記憶を思い出そうとしましたが・・
思い出せるのは断片的でほんの一握り。。。。
あまりに思い出せない自分に愕然としました。


ハワイでの挙式に連れて行ってあげたら良かったな。。。

60歳の還暦祝い、忙しさを理由にしてあげなかったのは悪かったな。。。

温泉とか・・・旅行にいっぱい連れて行ってあがればよかった。。。



今からでも間に合うかな。
いっぱいいっぱい思い出、作っておこう。

 

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 岡山情報へ←今日のランキング結果は??
[PR]

by akari4675 | 2010-09-25 21:10 | 闘病記

ハッピーバースデイ♪

実家に少し行ってきました。
久しぶりに妹親子も来て、妹がパパサンタのケーキも買ってきてくれていました。
 忙しくて、何も買ってあげれなかった~~~。
太いろうそく6本と細いろうそく5本を立たせ
記念撮影。
b0109220_23423225.jpg

孫4人に囲まれた父を見ていたら涙が溢れそうになったけど
なんとかこらえました007.gif007.gif

昨日から実家に泊まっていたakari姫とクーちゃん。
今朝父はクーちゃん連れて散歩に行ったようです。

久しぶりに見る父はやっぱり想像以上に小さくなっていたけど
顔が見れて、お話も出来てよかったです。

なかなか照れくさくて正面から言えないけど

 65歳、お誕生日おめでとう


P.S
 大阪のおじちゃん、お元気ですか?
 いつもこのブログを見てくれていると聞きました。
 父は一生懸命頑張っています。
 一緒にいる母が精神的にも一番辛いと思いますが、気丈に
 振舞いながら看病していますよ。
 ワタシも忙しくしているけど、なんとかやっています。
 おじちゃんは体調どうですか?
 どうか無理せずに。
 またみんなで会いたいですね。
         
                      sachiko
 


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 岡山情報へ←今日のランキング結果は??
[PR]

by akari4675 | 2010-04-02 23:56 | 闘病記

術後4日目

日勤が定時で終われたので、深夜入りではあったのですが
父に会いに行ってきました。

母は帰った後でしたが、今日は近所の方がお見舞いに来て下さったようです。
(きれいな056.gifのアレンジがあったので)


痛みは痰が出る時にあるのみで、
背中に入ってある硬膜外チューブで上手にコントロール出来ているようです。

食事は明日の胸部レントゲン結果で開始になる予定だそう。
早く体力つけてもらわないと。


「お父さんは頑張るよ。100分の6に入るから」
って。。。。


そんな前向きな父の言葉に泣きそうになったけど…
そこはグッと堪えました。


一番怖いのは父本人。
今後の治療がどんなにしんどいか、看護師のワタシでさえ想像がつきません。


母や妹をはじめ、私たち家族がしっかり支えて
有意義で苦痛のない日常がおくれるようにしてあげなくちゃ。。。。
[PR]

by akari4675 | 2009-09-24 02:09 | 闘病記

術後2日目

今日は日勤が終わって病院へ。
妹の家に遊びに行っていた圭ちゃんも甥っ子たちと一緒に来ていました。

昼間は鹿児島に住む叔母と従弟のお兄さんがお見舞いに来ていたそうです。
昨日は大阪から叔父さん夫妻が来られた様子。
わざわざありがとうございます。


昨日は鼻にチューブが入っていましたが、今日はそれも取れてちょっとすっきり。
起き上がる練習もはじめたようで、私たちが帰る時にはベッドサイドに
座って見送りをしてくれました。

今は背中の硬膜外チューブ、頚部中心静脈カテーテルが入った状態。
昨日は足に血栓予防の定期的に収縮するやつ(名前なんだっけ??←看護師失格!!)がしてたけど
今日はしてたかな。


病室に泊まっていた母はさすがに寝れなかった様子で、今夜は家でゆっくり寝るって。
そりゃそうですよね。
狭いソファで熟睡は出来ないでしょう。

まだまだ先は長いので、ぼちぼちしていかないといけませんよ。
[PR]

by akari4675 | 2009-09-22 06:55 | 闘病記